投稿

10月, 2019の投稿を表示しています
光の高速点滅に不思議な効果があることは、昔から知られていました。

紀元125年に、アプレイウスは、光の点滅によって癲癇のタイプ分けを行いました。この光の点滅は、陶工のロクロを利用して生み出したようです。おそらくこれは、光過敏性発作(いわゆるポケモンショック)と、その他の癲癇とを分けるために使われたのでしょう。

紀元200年に、プトレマイオス(トレミー)は、回転する車輪によって太陽の光を遮ることによって、ストロボ光を生み出していました。これによって、色彩のパターンが目に見えるということと、多幸感が生じるということを書き記してします。
プトレマイオスといえば『アルマゲスト』の著者として非常に名高い学者です。どの著作の中で、ストロボ効果について書き記しているのか私は調べていませんが、『光学』という著作があるようなので、おそらくそこで述べられているのでしょう。

近代のフランスの心理学者、ピエール・ジャネは、光の点滅を、当時のヒステリー患者に浴びせることで、ヒステリーの症状を軽減し、リラックスさせることができることに気づいていました。この研究が、その後どうなったのか、非常に気になるところですが、まだ私は調べていません。

上記のことは、スタンフォード大学のサイト上の論文に書いてあることです。

質問:ストロボセラピーで脳波を整えることができるのはなぜですか?

イメージ
ライトがピカッと光ると、視神経を通して刺激が伝わり、脳細胞がピカッと光ります。

ライトがピカピカピカっと特定の周波数で光ると、脳細胞もピカピカピカっと特定の周波数で光ることになります。脳細胞が特定の周波数で光るということはつまり、その周波数の脳波が生じるということです。

こうして、ストロボの周波数が、脳波の周波数に影響を与えます。ストロボの周波数に、主要な脳波が同調していくわけです。

これには、科学的な裏付けがあります。英語でちょっと古いですが、The Clinical Guide to Sound and Light という論文が、様々な研究をまとめてあって参考になります。

ただ、脳波だけですべてを説明できるのかというと、とてもそうは思えません。脳波説とは別に、DMTという物質が松果体で分泌されるのを促すという説もあって、これも非常に興味深いです。Ajina Lightの開発者のGuyさんは、DMT説を推してます。


iPhoneアプリはこちら

Androidアプリはこちら

アプリの名前を変えました。あと、無料で試せるようになりました。

「リラックス快眠ライト」という名前で最初リリースしたんですけど、「ストロボセラピー」という名前に変更しました。
それから、最初は有料アプリとしてリリースしましたが、無料アプリに変更しました。ただし無料で使える機能は限定されています。すべての機能を使うには、アプリ内でライセンスを購入しなくてはなりません。

さらに、ちょっと変更を加える計画です。無料で使える機能を変更します。現状だと、「固定速度」で1セットだけ試せるんですけど、「広域をランダムに切替」を5セット試せるように変更するつもりです。

他にも機能の追加などがあります。数日中にリリースの予定です。